×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公演案内


💛劇団シナトラ 第16回公演「ぬけがら」にお越し頂き大変ありがとうございました。
  2日間ともほぼ満席となり、心より感謝申し上げます。

  「チラシを見たときは、深刻な話ではないか」とおっしゃられた方も
  わが身と重なる部分があったり、笑いあったりと大変楽しく良かったとの
  お言葉も頂きました。
  皆様のお言葉を糧として劇団員皆が精進してさらに良いものをお届けしたいと思います。
  今回の公演、大変ありがとうございました。

劇団シナトラ 第16回公演


   お題  : 『ぬけがら』
   作    : 佃 典彦
   演出  : 原田 竹子

   公演日時:2016年11月5日()午後6時30分開演
          2016年11月6日(
)午後1時30分開演
          開場は、いずれも30分前
   会場  : 深谷市民文化会館 小ホール
   チケット: 1,500円
         チケットのお申し込み:












   広告募集: 公演当日に配布するパンフレットに掲載する広告を募集しています。
           名刺サイズのスペースで5,000円です。
           詳しくは、こちら。


   あらすじ:人生の岐路に立たされた一人の男がいた。鈴木卓也40歳。
         郵便局を首になり、妻からは離婚届を突き付けられ、
         彼を案じて死んでいった母親の葬儀を昨日終えたばかり。
         いま彼に残されているのは82歳になる認知症の父親だけ。
         人生のままならさを噛みしめながら、いつしか眠り落ちる卓也。
         つかの間の眠りから覚めると、なんとそこには『ぬけがら』を脱いで
         20歳も若返った父親がいた。
         その後も『ぬけがら』を脱ぎ続ける父親。
         これまで見たことのないいくつもの父親を目の当たりにして、
         卓也は何を思うのか・・・
        
       
良いことも悪いことも重ねて生きてきた。
       人生ってなんだろう?親子って、夫婦って なんだろう?
        家族って何だろう?


               コメディタッチでお送りする今回のお芝居、どうぞご観覧頂きお楽しみ下さい。
               ご来場を楽しみにしています。


      公演に向けて座員一同必死に稽古に励んでおります。
    皆様のご観覧をお待ちにしております。



    ■現在、劇団員を募集しています。是非お気軽にお声掛け下さい。







   ●稽古風景
   ●公演案内チラシ