×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【御礼】
沢山の皆様のご来場を頂き、大変ありがとうございました。



   劇団シナトラ プロデュース公演 Vol.3

 《 煙が目にしみる 》

     作  堤 泰之
     演出 岡田 貴史


       公演日時 : 2010年 7月3日 午後2時〜、午後7時〜
                        7月4日 午後1時〜、午後5時〜

       観劇料   : 1000円(当日1500円)

       会場    : 深谷市 旧七ツ梅酒造跡

    
 会場 旧七ツ梅酒造跡へのアクセスはこちら


あらすじ
ある地方都市の斎場の待合室でのお話。季節は、桜咲く春。
偶然同じ日に火葬になった二人、野々村浩介と北見栄治。
故人となった二人が斎場の待合室で語り合う。
そこに両家の関係者が集まっている。その中になぜか故人となった2人と会話できる老人が居る。
浩介の母、桂である。
野々村浩介と北見栄治は、桂を通して思い残したことを伝えようとするが・・・

大勢の人が集まって見えてくる人間模様、笑いあり、ちょっぴり涙ありのドタバタ劇。
どんな結末になるやらお楽しみ!!




チラシ表チラシ裏

◆予定スタッフ&キャスト

◆稽古風景

◆本番中